小ネタ

フォロワーさんと盛り上がってしまい、書いてしまったもの。

若干腐向けですあります。

 

 

 

では、下記から。

 

 

 

 

 

  やけに、冷えると思ったら雪がちらついていた。


「通りで、冷えるわけだ」


  有人は、カーテンを少しだけ開け、外の世界を見てそう呟いた。暗い夜の中、チラチラと白いものが舞っている。


「(僕は、寒いのは平気だけど、龍星くんには大丈夫かなぁ)」


 この場にはいない大切な人のことを思い浮かべる。急な依頼が入り、出かけて行った彼。そういえば、彼は傘を持っていっただろうか。


「しょうがないな」


  片手に持っていた本に栞をはさみ、テーブルの上に置く。車の鍵と、スマートフォンを持ち、玄関へと向かう。

 ちょうど、その時がちゃりと玄関のドアが開いた。


「龍星くん?」


  ちょこっと顔を出すと、うっすらと雪が頭に積もった彼の姿。寒そうに震えている。


「今、タオル持ってくるね!」


  わたわたと、そんな彼……龍星にタオルを手渡す。


「ありがとうございます」
「外、寒かったねー。今、ココアでもいれるね」


  コートを脱ぎ、暖かい部屋に入りほっとしている龍星の様子を見て、伝える。そばを離れようとした時、くいっと裾を引かれた。


「龍星くん?」
「ココアの前に、有人さんを抱きしめたいです」
「わっ……」


  そのまま、引き寄せられ、ぎゅっとされる。


「龍星くん、すっかり冷たくなってるねー」


  寒かったのだろうと、有人も抱きしめ返す。少しでも、彼が暖かくなればいいと。同時に、とても愛おしく思う。好き、だなぁと。


「有人さん、暖かいです」
「そっか、良かった」


  暖かいといった、まだ離れない龍星の頭を撫でる。ちらりと、目が合う。


「好きです、有人さん」


  真剣な表情の、真剣な目の……。有人は、そんな彼をみて、ふわりと笑う。


「知ってるよ、龍星くん」


  好き、と言わない自分が狡いなと思いながら。

 

 


*****

 

 

 

「有人さん、外雪降ってます!」


   やけに冷える夜、ふと窓の外を見た秀は、はしゃいだような、嬉しそうな声を出した。


「あ、本当だ。これは、寒いはずだねー」


  その隣に行き、同じく窓の外を見る。夜だというのに、雪が降っているというだけで、外が明るく見えるのは気のせいなのだろうか。


「これ、明日には積もってるかもねー」
「そしたら、雪だるま作れますね!」
「あれ、寒いのは苦手だって言ってなかったけ?」
「うっ……、苦手ですけど、雪は別っすよ! 楽しいじゃないですか!」


  有人の言葉で一瞬表情が曇るが、すぐに明るい表情に変わる。身振り手振りを加えながら、雪の楽しさを語る彼を、可愛いと感じてしまう。


「だから、明日積もったら雪だるま作りましょうね!」
「そーだね。よーし! 馬の雪だるま作ろうかな!」
「馬!!さすが、有人さんです!」


  楽しそうにケタケタと笑う秀。でも、きっと彼は、他の人とも一緒に雪だるまを作るのだろう。職場の人であったり、子供の入院患者であったり、友人であったり……。独占欲とまでは、いかないが、そのことを考えると少し余裕がなくなってしまう。彼の周りにいる人は、彼のことが好きで、彼も皆が好きで……。


「今日、寒いし一緒に寝ようか」
「いーっすね! 有人さんと一緒に寝るの嬉しいです!」


   楽しそうに笑っていたのが、今度は嬉しそうな笑顔に変わる。その笑顔を見てると、つい言葉が溢れてしまう。


「大好きだよ、秀」


またまた小ネタです

昨日、クトゥルフ神話trpgのセッションしてきました!

昨日で3回目ですが、昨日のはグロ要素はなく、メルヘンちっくなものでした!

 

 

 

そんなわけで、下記から後日談。

ほぼ、秋竹さんのターンですが、あずぴょん宅の有馬くんおかりしています!

 

 

   あの、遊園地の出来事から2ヶ月たったある日、秋竹はたくさんの荷物を抱えながら久しぶりの我が家に帰ってきた。

 

「ひー、重かった。やっぱり宅配便で送れば良かった」

 

   ひとまず、荷物を玄関に置く。それから、1つ1つ丁寧に部屋の中に運ぶ。

 

「えっと、これが、有馬くんで、こっちが太宰くん。これは、銀木さんに、で、これは……」

 

  あの時、あの妙な出来事に遭遇した人たちの名前を呼びながら荷物を仕分けしていく。

  あの後、秋竹は、直ぐにフィールドワークに出かけた。つまり、現地調査だが、申請もせず、その期間ではないため、研究費が降りなかったのだ。つい半年くらい前に、長期間の現地調査から帰ってきたばかりであり、今はその論文をまとめなければならない。研究費が出なければ、たいしたことも出来ず、考えた結果、秋竹はアメリカに向かった。アメリカに滞在していたのも、3日間くらいだが、そのあとは実家に寄ったり、妹の家に行ったりとそんな生活を送っていた。

  ふと、立ち上がり鏡を見ると右頰に青アザが出来ている。

 

「あー、まだ治ってないー」

 

  妹の家に行ったときに殴られたあとだ。何故か、妹に会うといっぱつは殴られるのが恒例だ。

 

「さてと、仕分けは終わったから渡しに行かないと……、て、僕銀木さんと月乃さんの連絡先知らないよ!?」

 

  途中で帰ったからか、いや、そもそもあの日はスマホを忘れて行った。しばし考える。

 

「有馬くんに、聞いてみよっ。太宰くんは電話出てくれなさそうだしね」

 

  鞄の中を弄り、スマホを取り出そうとするが、何か違和感を感じる。鞄の中を覗くと、手帳が入っていなかった。スマホを見ると、妹から連絡が入っている。どうやら、妹の家に忘れたらしい。

 

「ま、いっか。有馬くん、お仕事中じゃないと、いいんだけど……」

 

  少々不安になりながら、相手が出るのを待つ。数コールなったあと

 

『ちーっす! 秋竹さん、お久しぶりでーす!』

 

  元気な声が、聞こえた。

 

「有馬くん、久しぶり! 突然で悪いんだけど、空いている日あるかな? お土産を買ってきたから、銀木さんにも渡しておいてほしいんだ」

 

  あの時の話をされないように、さっそく本題に入る。確か、有馬と銀木は同じ職場だったはず。

 

『お土産!? あざーす! あれだったら、銀木さんの連絡先知ってるので、教えますよ!』

「え!? 僕みたいなへんちくりんなやつに知られて迷惑じゃないかな!?」  

 

   一瞬、躊躇う。確か、銀木さんは、お付き合いしている人もいるはず、と。

 

『へんちくりんってw大丈夫ですよー!』

「そ、そうなのかい!? でも、お土産渡す時有馬くん、一緒にいて欲しいな!」

『もちろん、いいっすよー!』

「ありがとう、有馬くん!」

 

  これで、何とかお土産はどうにかなりそうだ。あとは、会った時にでも、月乃連絡先は聞けばいい。

  少し雑談をしたあと、有馬との電話を終える。前回といい、今回といい、有馬と知り合ってから退屈しない。恥ずかしい思いもしたが、あれさえなければ、あの出来事も楽しい出来事だ。

 

「あれ? そういえば……」

 

 ふと、ある事が頭に過ぎる。あの時の出来事は、それぞれ童話にそったものだった。自分はリンゴを食べた。あの時の悪夢のせいで、深くは考えていなかったが……。

 

「ま、いっか。太宰くんにも、いつ空いてるか聞いてみよ」

 

 どっちにしろ、何があったか自分は妹に脅されていたため、わからないのだ。誰も何も言わなかったし、秋竹は特に気にしないことにした。


小ネタをどん!

秋竹さんさん、ピュアピュアな話です。

今日は、1日LINE漫画読んでた!


では、下記から、どうぞ!





  中学1年生の時、有人にある変化が起きた。唯一、名前で呼んでいた幼馴染のことを、名前で呼べなくなっていたのだ。 


(おかしい、今までこんなことなかったのに……)


  いつもは本を読んでいる時間。本は手に持っているが、内容が全然頭に入らない。いつものように、本の世界に集中できない。


(あ、あの子が、あんなこと、言うからだ。それに……)


  先程、有人は、その幼馴染に告白をされた。「ずっと、好きだった。付き合ってください」と。最近、よく馬と触れ合っているなと思って見ていたら、どうやらそう言うことだったらしい。有人は、特に断る理由もなく、大切な子だったので、快くOKしたのだが、問題はそのあとだ。あの子が、手を繋ぎたいと言ってきた。手なんて、小さい頃によく繋いでいた。有人が、おかしくなったのは、それからだ。あの子の、名前を急に呼べなくなり、顔すら見られなくなった。目が合い、笑いかけられる。それだけで、顔が熱くなった。


「うわぁあああ……」


  そんな自分を思い出し、有人は自室で何とも言えない声を出した。恥ずかしさのあまり、本を持ったまま、部屋の中をごろごろと転がる。ぽわんと、あの子のことを思いうかべれば、再びよくわからない声をあげた。そんなことを繰り返していたら、妹がイライラした様子でドアを開けはなち、腹を思い切り蹴られた。有人は、静かになった。

「てな、感じのことがあったのは、知られたくないなぁ」


  ポストに投函されていたハガキ。アメリカから送られてきたものだ。秋竹は、ハガキを見てそうぼやいた。どうやら、あの子は元気でやっているらしい。


「とりあえず、有馬くんと太宰くんが来るまでにこのハガキはしまっておこう。絶対何か聞かれる」


  これから、焼肉だ。有馬が、いい肉を焼いてくれるらしい。肉は、来る前に有馬と太宰が買い物をしてくることになっている。仕舞う前に、もう一度ハガキを見る。


「僕は、君のことが好きだよ。ーーー」


  誰もいない今なら、と思ったが、あの時と同じく名前を呼ぶことが出来なかった。ずっとそばにいてくれた、大切で大好きなあの子の名前を。


クトゥルフ神話trpg

最近、クトゥルフ神話trpgというのを、教えていただき、2回ほどプレイしました!

ホラーとか、好きな私にとってはとてもいいです。


そんなわけで、下記から、有馬くんと秋竹さん。

有馬くんは、あずぴょんのキャラクターです!



「秋竹さん、来週の土曜日、空いてますか?」


  そんな誘いを受けたのは、つい先日のことだった。そんな風に声をかけてきたのは、いつどうやって知り合ったのかは、忘れてしまったが、秋竹の可愛らしい知り合いの有馬秀である。


「俺の友達も、何人か呼んでるんすけど、大丈夫か?」


  そう続けた有馬。秋竹は、それに対して特に何も考えもせず、2つ返事でOKをだした。が、のちのち考えてみると、自分みたいなやつが、有馬の友人たちと一緒に出かけてもいいものなのかと、そんなことが思い浮かんだ。

  当日、待ち合わせのカフェに向かう途中、秋竹はあることに気付く。


「あ、鍵かけてくるの忘れた」


  あちゃー、と頭を抱える。実家が郊外にあるため、鍵をかける習慣がなかった秋竹は、こうして度々鍵をかけるのを忘れるのだ。


「ま、いっか」


  かといって、気づいても戻るわけではなく、そのまま約束の場所へと向かう。
  確か、メンバーは、有馬とその友人3人と自分。何だか、自分だけ浮いている気もするが、今更そんなことを気にしても仕方がない。だが、どう接していいのかも、よくわからない。人よりも家畜が多い環境でのびのびと育った秋竹は、年の近い人とのやりとりが苦手であった。数えるくらいしかいない子供に、近すぎる人間関係。いまだに、程よい距離感がよくわからない。

  約束のカフェにつき、中に入ると、有馬が来ていないか探す。
あたりを見渡していると、物凄く存在感のある人物が目に付いた。


(すっごい、存在感のある人いる。え、同じテーブルにいるの、有馬くんじゃない!?)


  秋竹の目に付いたのは、髪の毛のない男性。店内に入る人も、ちらちらとその男性のことを見ている。男性と同じテーブルには、3人の男性が座り、そのうちの1人が秋竹が探していた人だ。


(有馬くん、どんだけ人脈あるの!? )
  

  楽しそうに談笑する4人。どうやら、髪の毛のない男性は見ている感じや雰囲気から、何となくその筋の人ではないことがわかる。ここで、ただこうして突っ立ているわけにもいかない。


「有馬くん!」
「あ。秋竹さん、ちーす! こっちですよー!」


  有馬は、秋竹に呼ばれると、へらりと笑い、手招きする。同じテーブルの3人も秋竹を見て、軽く会釈をした。


「有馬くんの、友達は、可愛い子が多いね!」


  いつもの調子で、そんなことを口走ってしまう秋竹。その言葉に、有馬の友人たちは驚いた顔をした。


(あー、間違ったかなー)


  その反応を見て、内心はそんなことを考えながらも、いつも通りに笑う。そこからは、ご飯を食べながらこれから行く施設の説明を受け、有馬の友人の車で向かう。車の中では、たくさんの話が飛び交う。楽しそうな声と、笑い声。それは、まさしく友達と呼べる距離感で。


(僕も、有馬くんと友達になれたらなぁ)
  

秋竹はぼんやりとそんなことを考えていた。


更新しました

前回の記事からずいぶんと日数がたってますね。

更新はわりと、まめにしているような気がしてるんですが…。

 

雫と虹もクライマックスに近づいてきました。

って、前もそんなこと書いてますね。

 

創作の方は、ぼちぼち新作を書き始めてます。やっぱり書くのはやめられない!!

 

 


LINEスタンプリリース!

ちょっとした宣伝をさせてください。

実は、ずいぶん前からLINEスタンプを作っていまして、このたび晴れて動くLINEスタンプがリリースされました。

 

日常会話で使える「メジロさん」がメインの仲間たちのスタンプです。

もしよろしかったらぜひ、ご検討くださいませ。

 

など

 

http://line.me/S/sticker/1313516 ←こちらから「動くメジロさんたち」です。

 

 

http://line.me/S/sticker/1260451 ←第一弾「メジロさん」

 

 

http://line.me/S/sticker/1263170  ←第二弾「メジロさんと」

 

もよろしければどうぞ!

 

 


更新

雫と虹を更新しました。

そろそろラストへと向かっていきます。

 

さて、今はお盆休みです!

創作も含めていろんなことができれなーと思ってます。


GW終わってしまった

題名の通りです。
GWというほど長い休みではなかったですが。実際に、昨日は出勤でした。

さて、見捨てられた勇者が完結いたしました。
最後にトーヤがちょこっとでてきますよー。
実はトーヤの短編を書いたので、今度更新できればと思ってます。

新年度

新年度、新しい会社になりました。
だいぶ、慣れたかな?

実は、 別名義で色々やっております。
最近、創作の方から少し離れてしまってましたが、新作かいてます。
長編書きたいんだけど、時間がな。
 

更新

久々の更新になってしまいました。雫と虹です。
何だか更新期間ストップもあったせいで、完結するまで長いですね…。

創作のことではないですけど、うちの子犬ちゃんが、昨日避妊手術してきました。
帰ってきたらお猫様が心配しておりました。
なんて可愛い奴らなんだ。

今月はあと1回更新できればなーと思ってます。
 

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM